【令和4年度・関東甲信越④】登録販売者過去問解説【主な医薬品とその作用】

過去問題・解説
「主な医薬品とその作用」の学習目的はこれ!

 一般用医薬品において用いられる主な有効成分に関して基本的な効能効果及びその特徴、飲み方や飲み合わせ、年齢、基礎疾患等、効き目や安全性に影響を与える要因、起こり得る副作用等につき理解し、購入者への情報提供や相談対応に活用できること
各薬効群の医薬品に関する情報提供、相談対応における実践的な知識が理解できること

スポンサーリンク

令和4年度・関東甲信越【午後】

令和4年度・登録販売者試験
全エリアの解答がわかるのはこの本しか販売されてません!

みやここ
紙で本番みたいにやってみたい?
このサイト「登販ラボ」で掲載している過去問題&解説をメルカリで販売中!「#登販ラボ」で検索してね

まだメルカリに登録してない人は招待コードの入力で500円分のポイントGETのチャンスです。

招待コード DHWNJN

それでは解説スタートです!

主な医薬品とその作用(全40問)

問 61
かぜ及びかぜ薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a かぜはウイルス(ライノウイルス、コロナウイルスなど)の感染が原因で、細菌の感染は原因とはならない。
b 急激な発熱を伴う場合や、症状が4日以上続くとき、又は症状が重篤なときは、かぜではない可能性が高い。
c かぜ薬は、ウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去するものではなく、咳で眠れなかったり、発熱で体力を消耗しそうなときなどに、それら諸症状の緩和を図る対症療法薬である。

a b c
1 正 正 正
2 誤 誤 誤
3 正 誤 正
4 正 正 誤
5 誤 正 正

【正解5】
a×
かぜの8割はウイルス(ライノウイルス、コロナウイルスなど)の感染が原因だが、それ以外に細菌の感染も原因となる。
b〇
c〇

問 62
次の表は、あるかぜ薬に含まれている成分の一覧である。
2カプセル中
イブプロフェン 200 mg
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 1.75 mg
ヨウ化イソプロパミド 2.5 mg
デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物 24 mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 30 mg
無水カフェイン 37.5 mg

このかぜ薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a イブプロフェンは、消化管粘膜の防御機能を低下させるため、胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎又はクローン病の既往歴がある人では再発を招くおそれがある。
b ヨウ化イソプロパミドは、抗コリン作用によって鼻汁分泌やくしゃみを抑えることを目的として配合されている。
c デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物は、延髄の咳嗽中枢に作用して、咳を抑えることを目的として配合されている。

1 a正 b正 c正
2 a誤 b正 c誤
3 a正 b誤 c誤
4 a誤 b正 c正
5 a正 b誤 c正

【正解1】
a〇
b〇
c〇

問 63
次の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものはどれか。
体力中等度で、慢性に経過する頭痛、めまい、肩こりなどがあるものの慢性頭痛、神経症、高血圧の傾向のあるものに適すとされるが、消化器系の副作用(食欲不振、胃部不快感等)が現れやすい等の理由で、胃腸虚弱で冷え症の人には不向きとされる。

1 茵蔯蒿湯
2 麦門冬湯
3 当帰飲子
4 釣藤散

【正解4】
茵蔯蒿湯は「口内炎」、麦門冬湯は「から咳」、当帰飲子は「皮膚が乾燥する人の皮膚炎」に使われる。

問 64
アスピリン(別名アセチルサリチル酸)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a アスピリン喘息は、アスピリン特有の副作用であり、他の解熱鎮痛成分では起こらない。
b アスピリンには、血液を凝固しにくくさせる作用がある。
c アスピリンは、まれに重篤な副作用として肝機能障害を生じることがある。

a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 誤 正 誤
4 正 誤 誤
5 誤 正 正

【正解5】
a×
アスピリン喘息は、アスピリン特有の副作用ではなく、他の解熱鎮痛成分でも生じる可能性がある。
b〇
c〇

問 65
眠気を促す薬及びその成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
a 飲酒とともにブロモバレリル尿素を含む催眠鎮静薬を服用すると、その薬効や副作用が減弱されるおそれがある。
b ジフェンヒドラミン塩酸塩などの抗ヒスタミン成分を含有する医薬品を服用後は、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事させてはならない。
c 小児及び若年者では、抗ヒスタミン成分により眠気とは反対の神経過敏や中枢興奮などが現れることがある。
d 酸棗仁湯は、症状の原因となる体質の改善を主眼としているため、1週間位服用して症状の改善がみられない場合でも、1ヶ月位服用を継続する必要がある。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(c、d)

【正解3】
a×
飲酒とともにブロモバレリル尿素を含む催眠鎮静薬を服用すると、その薬効や副作用が減弱ではなく「増強」されるおそれがある。
b〇
c〇
d×
酸棗仁湯は、1週間位服用して症状の改善がみられない場合には、漫然と服用を継続せず、医療機関を受診するなどの対応が必要である。

問 66
カフェインに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a 脳の緊張を低下させることで、眠気防止の効果をもたらす。
b 摂取されたカフェインは、乳汁中に移行しない。
c 眠気防止薬におけるカフェインの 1 回摂取量はカフェインとして 200 mg、1日摂取量はカフェインとして 500 mg が上限とされている。
d 反復摂取により依存を形成するという性質がある。

a b c d
1 正 正 正 正
2 誤 正 誤 誤
3 誤 誤 正 正
4 正 正 誤 正
5 誤 誤 誤 誤

【正解3】
a×
カフェインは、脳に軽い興奮状態を引き起こし、一時的に眠気や倦怠感を抑える効果がある。
b×
摂取されたカフェインは、乳汁中に移行する。
c〇
d〇

問 67
鎮暈薬(乗物酔い防止薬)及びその成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
a 乗物酔い防止薬には、主として吐きけを抑えることを目的とした成分も含まれるため、つわりに伴う吐きけへの対処として使用することが推奨されている。
b ジフェニドール塩酸塩は、日本においては専ら抗めまい成分として用いられている。
c メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが早く持続時間が短い。
d 脳に軽い興奮を起こさせて平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させることを目的として、ジプロフィリンが配合されている場合がある。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)

【正解3】
a×
乗物酔い防止薬には、主として吐きけを抑えることを目的とした成分も含まれるが、つわりに伴う吐きけへの対処として使用することは適当ではない。
b〇
c×
メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが「遅く」持続時間が「長い」。
d〇

問 68
次の表は、ある小児鎮静薬に含まれている成分の一覧である。
60 粒中
ジャコウ 3.0 mg
ゴオウ 12.0 mg
レイヨウカク 30.0 mg
牛胆 12.0 mg
ニンジン 112.8 mg
オウレン 60.0 mg
カンゾウ 60.0 mg
チョウジ 9.0 mg

この小児鎮静薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ジャコウは、緊張や興奮を鎮め、また血液の循環を促す作用等を期待して用いられる。
b レイヨウカクは、ウシ科のサイカレイヨウ(高鼻レイヨウ)等の角を基原とする生薬で、緊張や興奮を鎮める作用等を期待して用いられる。
c カンゾウは、他の医薬品や一般食品等にも広く用いられているため、購入者に対して、摂取されるグリチルリチン酸の総量が継続して多くならないよう注意を促すことが重要である。

1 a正 b正 c正
2 a誤 b誤 c正
3 a正 b誤 c正
4 a正 b誤 c誤
5 a誤 b正 c誤

【正解1】
a〇
b〇
c〇

問 69
次の咳止めや痰を出しやすくする目的で用いられる漢方処方製剤のうち、構成生薬としてカンゾウを含まないものはどれか。
1 柴朴湯
2 半夏厚朴湯
3 五虎湯
4 麻杏甘石湯

【正解2】

問 70
鎮咳去痰薬に含まれている成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a コデインリン酸塩水和物は、胃腸の運動を低下させる作用を示し、副作用として便秘が現れることがある。
b メチルエフェドリン塩酸塩は、気管支を拡張させる作用を示し、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮めることを目的として用いられる。
c カルボシステインは、気道の炎症を和らげることを目的として配合されている。
d トラネキサム酸は、痰の中の粘性タンパク質を溶解・低分子化して粘性を減少させる。

a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 正 正 正 正
5 誤 誤 誤 誤

【正解1】
a〇
b〇
c×
cとdが逆。
カルボシステインは、痰の中の粘性タンパク質を溶解・低分子化して粘性を減少させ、粘液成分の含量比を調整し痰の切れを良くするものとして配合されている。
d×
cの記載通り。
トラネキサム酸は、抗炎症成分。

問 71
口腔咽喉薬及びうがい薬(含嗽薬)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a 口腔咽喉薬は、口腔内又は咽頭部の粘膜に局所的に作用して、それらの部位の炎症による痛み、腫れ等の症状の緩和を主たる目的とするもので、鎮咳成分や気管支拡張成分、去痰成分は配合されていない。
b 噴射式の液剤は、息を吸いながら噴射することが望ましい
c 口腔内や咽頭における局所的な作用を目的とする医薬品であるため、全身的な影響を生じることはない。

a b c
1 正 正 正
2 誤 誤 誤
3 誤 正 誤
4 誤 誤 正
5 正 誤 誤

【正解5】
a〇
b×
噴射式の液剤は、息を吸いながら噴射すると気管支や肺に入ってしまうおそれがあるため、軽く息を吐きながら噴射することが望ましい。
c×
口腔内や咽頭における局所的な作用を目的とする医薬品であるが、成分の一部が口腔や咽頭の粘膜から吸収されて循環血流中に入りやすく、全身的な影響を生じることがあるため、配合成分によっては注意を要する場合がある。

問 72
強心薬に含まれている成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a 一般用医薬品に含有されるセンソは、1日用量が5 mg を超えるよう用法・用量が定められている。
b リュウノウは、中枢神経系の刺激作用による気つけの効果を期待して用いられる。
c ゴオウは、心筋に直接刺激を与え、その収縮力を高める作用(強心作用)を期待して用いられる。

a b c
1 正 正 正
2 誤 正 正
3 正 誤 誤
4 誤 誤 正

【正解2】
a×
一般用医薬品に含有されるセンソは、1日用量が5 mg 「以下」となるよう用法・用量が定められている。
b〇
c〇

問 73
コレステロール及び高コレステロール改善薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a コレステロールは細胞の構成成分で、胆汁酸や副腎皮質ホルモン等の生理活性物質の産生に重要な物質でもある等、生体に不可欠な物質である。
b コレステロールの産生及び代謝は、主として腎臓で行われる。
c 高コレステロール改善薬は、血中コレステロール異常の改善、血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害(手足の冷え、痺れ)の緩和等を目的として使用される医薬品である。

a b c
1 正 正 誤
2 正 誤 正
3 正 誤 誤
4 誤 誤 正
5 誤 正 正

【正解2】
a〇
b×
コレステロールの産生及び代謝は、主として「肝臓」で行われる。
c〇

問 74
貧血用薬(鉄製剤)及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a マンガンは、赤血球ができる過程で必要不可欠なビタミンB12 の構成成分である。
b 貧血用薬(鉄製剤)は、消化器系への副作用を軽減するために食前に服用することが望ましい。
c 銅は、ヘモグロビンの産生過程で、鉄の代謝や輸送に重要な役割を持つ。

a b c
1 正 正 誤
2 正 正 正
3 正 誤 誤
4 誤 誤 正
5 誤 誤 誤

【正解4】
a×
マンガンは、糖質・脂質・タンパク質の代謝をする際に働く酵素の構成物質。赤血球ができる過程で必要不可欠なビタミンB12 の構成成分はコバルト。
b×
鉄分の吸収は空腹時のほうが高いとされているが、消化器系への副作用を軽減するには、食後に服用することが望ましい。
c〇

問 75
循環器用薬及びその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
a ユビデカレノンは、コエンザイムQ10 とも呼ばれ、心筋の酸素利用効率を高めて収縮力を高めることによって血液循環の改善効果を示すとされている
b ヘプロニカートは、ビタミン様物質の一種で、高血圧等における毛細血管の補強、強化の効果を期待して用いられる。
c ルチンは、ニコチン酸が遊離し、そのニコチン酸の働きによって末梢の血液循環を改善する作用を示すとされる。
d 三黄瀉心湯は、構成生薬としてダイオウを含み、本剤を使用している間は、瀉下薬の使用を避ける必要がある。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(c、d)

【正解2】
a〇
b×
bの記載内容とcの記載内容が逆。
ヘプロニカートは、ニコチン酸が遊離し、そのニコチン酸の働きによって末梢の血液循環を改善する作用を示すとされ、ビタミンEと組み合わせて用いられる場合が多い。ビタミン様物質の一種で、高血圧等における毛細血管の補強、強化の効果を期待して用いられるのは、ルチン。
c×
上記どおり。
d〇

問 76
婦人薬に配合される成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a コウブシは、鎮静、鎮痛のほか、女性の滞っている月経を促す作用を期待して配合されている場合がある。
b モクツウは、滋養強壮作用を目的として配合されている場合がある。
c センキュウは、血行を改善し、血色不良や冷えの症状を緩和するほか、強壮、鎮静、鎮痛等の作用を期待して用いられる。
d ビタミンB6 は、血行を促進する作用を目的として配合されている場合がある。

a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 誤 正 正

【正解3】
a〇
b×
モクツウは、利尿作用を期待して配合される。
c〇
d×
ビタミンB6 は、疲労時に消耗しがちなビタミンの補給を目的として配合される。血行を促進する作用を目的として配合されている場合があるのは、ビタミンE。

問 77
アレルギーに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a アレルゲンが皮膚や粘膜から体内に入り込むと、その物質を特異的に認識した免疫グロブリン(抗体)によって肥満細胞が刺激され、ヒスタミン等の物質が遊離する。
b 肥満細胞から遊離したヒスタミンは、周囲の器官や組織の表面に分布する特定のタンパク質(受容体)と反応することで、血管収縮、血管透過性低下等の作用を示す。
c アレルゲンに対して徐々に体を慣らしていく治療法を減感作療法という。

a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 誤 正 正
4 正 正 誤
5 誤 誤 誤

【正解2】
a〇
b×
肥満細胞から遊離したヒスタミンは、周囲の器官や組織の表面に分布する特定のタンパク質(受容体)と反応することで、血管「拡張」、血管透過性「亢進」等の作用を示す。
c〇

問 78
内服アレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む。)の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a メチルエフェドリン塩酸塩は、長期間にわたって連用した場合でも薬物依存につながるおそれはない。
b グリチルリチン酸を大量に摂取すると、偽アルドステロン症を生じるおそれがある。
c 抗ヒスタミン成分は、排尿困難の症状がある人、緑内障の診断を受けた人では、症状の悪化を招くおそれがある。

a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 正 正 誤
4 誤 正 正
5 誤 誤 誤

【正解4】
a×
メチルエフェドリン塩酸塩は、長期間にわたって連用した場合、薬物依存につながるおそれがある。
b〇
c〇

問 79
鼻に用いる薬とその成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a ヒスタミンの遊離を抑える成分(抗アレルギー成分)は、アレルギー性でない鼻炎や副鼻腔炎に対しても有効である。
b リドカイン塩酸塩は、鼻粘膜の過敏性や痛みや痒みを抑えることを目的として配合されている場合がある。
c ベンザルコニウム塩化物は、黄色ブドウ球菌又は溶血性連鎖球菌に対して殺菌消毒作用を示すほか、結核菌やウイルスにも効果がある。
d アドレナリン作動成分が配合された点鼻薬は、過度に使用すると鼻粘膜の血管が拡張して二次充血を招き、鼻づまり(鼻閉)がひどくなりやすい。

a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 誤
3 誤 正 正 正
4 正 誤 正 正
5 誤 正 誤 正

【正解5】
a×
抗アレルギー成分は、アレルギー性でない鼻炎や副鼻腔炎に対しては無効。
b〇
c×
ベンザルコニウム塩化物は、黄色ブドウ球菌又は溶血性連鎖球菌又はカンジダ等の真菌類に対する殺菌消毒作用を示すが、結核菌やウイルスには効果がない。
d〇

問 80
尿糖・尿タンパク検査薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
a 尿タンパク検査の場合、原則として早朝尿(起床直後の尿)を検体とし、激しい運動の直後の採尿は避ける必要がある。
b 尿糖又は尿タンパクを検出する部分を直接手で触れると、正確な検査結果が得られなくなることがある。
c 通常、尿は弱アルカリ性であるが、食事やその他の影響で弱酸性〜中性に傾くと、正確な検査結果が得られなくなることがある。
d 尿糖・尿タンパク検査薬は、尿中の糖やタンパク質の有無を調べるものであり、その結果をもって直ちに疾患の有無や種類を判断することはできない

a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 正 誤 正
3 誤 誤 正 誤
4 誤 正 正 正
5 正 誤 正 正

【正解2】
a〇
b〇
c×
通常、尿は「弱酸性」であるが、食事やその他の影響で「中性〜弱アルカリ性」に傾くと、正確な検査結果が得られなくなることがある。
d〇
みやここ
紙で本番みたいにやってみたい? このサイト「登販ラボ」で掲載している過去問題&解説をメルカリで販売中!「#登販ラボ」で検索してね

まだメルカリに登録してない人は招待コードの入力で500円分のポイントGETのチャンスです。

招待コード DHWNJN

タイトルとURLをコピーしました