登録販売者試験 何点とれば合格できる?→基準は【受験地で異なります】

合格基準と自己採点登録販売者とは

過去問題やって自己採点したよ。
けど、登録販売者試験ていったい何点取れば合格なの

登録販売者試験の合否は、都道府県知事が決めるため受験する県によって多少基準が異なります。

そのため自分の受験する県の【合格基準】を知らないと、正確な自己採点ができません

こう書いてしまうと「採点方法が複雑なんじゃないの?」「合格ラインがわからないとモチベーションが上がらない!」そう思う方もいるでしょう。

しかし、結論を書いてしまうと

「北海道・東北ブロック」「中国ブロック」「四国ブロック」は4割以上正解で合格

残りのブロックは3.5割以上正解で合格

と採点方法は共通しているので、それほど難しくありません。

4割とか3.5割の説明は、このあとするので今はわからなくて大丈夫!

ちなみに、合格基準は公式発表されています。

合格基準を知っておくと、

たとえば福島県に住む東北ブロックの人が、栃木や新潟の甲信越ブロックで受験したら受かるかも?

という選択肢が広がるので、理解して損はありませんよ。

スポンサーリンク

登録販売者試験・2つの【合格基準】とは

どちらを選ぶか

登録販売者試験に合格するには、2つの合格基準を満たすことが必要です。

総出題数(120問)に対して、正解率が7割以上
各章ごとの正解率が3.5割または4割以上

自己採点で勘違いをしている人がいるのですが、

不適切問題で「解なし」のとき、その問題は受験者全員を正解として採点します。

では、採点方法について詳しくみていきましょう

基準①総出題数(120問)に対して、正解率が7割以上

各章ごとの問題数
・医薬品に共通する特性と基本的な知識 20問
・人体の働きと医薬品 20問
・主な医薬品とその作用 40問
・薬事関係法規・制度 20問
・医薬品の適正使用・安全対策 20問
合計120問

登録販売者試験は全部で120問出題され、採点は1問1点、120点が満点です。

120点に対して正解率が7割以上ということは?

120点×70%=84点
総合点数84点以上取得(84問以上正解)で合格

1つ目の基準はこれでバッチリだね!

基準②各章ごとの正解率が3.5割または4割以上

各章ごとの問題数
・医薬品に共通する特性と基本的な知識 20問
・人体の働きと医薬品 20問
・主な医薬品とその作用 40問
・薬事関係法規・制度 20問
・医薬品の適正使用・安全対策 20問
合計120問

どこで受験しても、各章ごとの問題数はおなじです

総合点数とは別に、各章ごとの出題数に対し

3.5割以上の正解で合格ラインとするのか

4割以上の正解で合格ラインとするのか

この基準が、都道府県により異なります。

だったら3.5割の地域で受験すればいい!

そう考えるかもしれませんが、ブロックごとの難易度や、試験後に割合が変更されることもあるため慎重に検討が必要です。

合格基準は「都道府県知事が決定でき、試験実施後に公表すること」と決められています

試験実施後でないと正確な割合はわからないため、ここでは令和元年のデータを使って説明していきます。

正解率・3.5割以上が合格ライン

令和元年では「関東・甲信越ブロック」「首都圏ブロック」「北陸・東海ブロック」「福井県」「関西広域連合ブロック」「奈良県」「九州・沖縄ブロック」が対象でした

関東・甲信越ブロック>
茨城・栃木・群馬・新潟・山梨・長野
首都圏ブロック>
東京・埼玉・千葉・神奈川
北陸・東海ブロック>
富山・石川・岐阜・静岡・愛知・三重
<関西広域連合ブロック>
滋賀・京都・大阪・兵庫・和歌山・徳島
九州・沖縄ブロック>
福岡・佐賀 ・大分 ・長崎・熊本・宮崎 ・鹿児島・沖縄
福井・奈良

①医薬品に共通する特性と基本的な知識
  ⇒20問中7問正解で合格ライン

②人体の働きと医薬品
  ⇒20問中7問正解で合格ライン

③主な医薬品とその作用
  ⇒40問中14問正解で合格ライン

④薬事関係法規・制度
  ⇒20問中7問正解で合格ライン

⑤医薬品の適正使用・安全対策
  ⇒20問中7問正解で合格ライン

※20問×35%=7問
※40問×35%=14問

正解率・4割以上が合格ライン

令和元年では「北海道・東北ブロック」「中国ブロック」「四国ブロック」が対象でした

<北海道東北ブロック>
北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島

中国ブロック>
鳥取 ・島根・岡山・ 広島 ・山口
四国ブロック>
香川・ 愛媛・ 高知

①医薬品に共通する特性と基本的な知識
  ⇒20問中8問正解で合格ライン

②人体の働きと医薬品
  ⇒20問中8問正解で合格ライン

③主な医薬品とその作用
  ⇒40問中16問正解で合格ライン

④薬事関係法規・制度
  ⇒20問中8問正解で合格ライン

⑤医薬品の適正使用・安全対策
  ⇒20問中8問正解で合格ライン

※20問×40%=8問
※40問×40%=16問

これで2つ目の基準もわかったね!

この合格基準は「足切りライン」とも言われ、重要なので覚えておくと良いでしょう。

47都道府県足切りライン一覧です。
自分が受験する県は、しっかり確認しておきましょう

【2019・令和元年】登録販売者の【合格基準・足切りライン】が発表されました
自己採点をする前に各都道府県の「合格基準・足切りライン」を知りましょう その前に注意点! 合格基準は ・都道府県知事が決定できる ・試験実施後に公表される つ...

実際に自己採点してみよう

登録販売者試験解答用紙

総出題数に対して正解率が7割以上(84点以上)
各章ごとの正解率が3.5割または4割以上

登録販売者試験合格、2つの基準は理解できたと思います。

ここからは実際に合格・不合格の例をみていきましょう

正解率3.5割以上が合格ラインの場合

1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識
  ⇒20問中7問正解で合格ライン
2章 人体の働きと医薬品
  ⇒20問中7問正解で合格ライン
3章 主な医薬品とその作用
  ⇒40問中14問正解で合格ライン
4章 薬事関係法規・制度
  ⇒20問中7問正解で合格ライン
5章 医薬品の適正使用・安全対策
  ⇒20問中7問正解で合格ライン

A・合格
1章   7点
2章 16点
3章 29点
4章 20点
5章 12点 合計84点

B・不合格
1章 20点
2章 20点
3章 40点
4章 20点
5章   6点 合計106点

Bは合計点は高いけど5章の解答数が3.5割以下だから不合格!

Bのように、たとえ1~4章が満点でも、5章が1点足りなければ不合格となります。

正解率4割以上が合格ラインの場合

1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識
  ⇒20問中8問正解で合格ライン
2章 人体の働きと医薬品

  ⇒20問中8問正解で合格ライン
3章 主な医薬品とその作用
  ⇒40問中16問正解で合格ライン
4章 薬事関係法規・制度
  ⇒20問中8問正解で合格ライン
5章 医薬品の適正使用・安全対策
  ⇒20問中8問正解で合格ライン

A・合格
1章   8点
2章 16点
3章 29点
4章 20点
5章 11点 合計84点

B・不合格
1章 20点
2章 20点
3章 40点
4章 20点
5章   7点 合計107点

Bは合計点は高いけど5章の解答数が4割以下だから不合格!

このように「あと1点!」と悔しい思いをしないためには、全体的に偏りなく得点を取れるようになることが必要です

まとめ・全体を均等に理解しないと受からない

登録販売者試験は、高得点をとれば受かる試験ではありません。

医薬品を扱う専門家ですから、全ての項目で一定以上の知識を習得していなければいけないのです。

全体的に均等に理解していることが求められているスキルです

苦手だからこの科目は捨てちゃえ!っていうのはできないんだね

しっかり勉強をすれば合格できる試験ですが、受験者の6割は不合格です。

独学で自己流の勉強では、遠回りしかねません。

遠回りせず1発合格したい!「使える」知識を手に入れたい!

「登販ラボ」でおすすめするのは、通信講座の活用です。

長年培ってきたたノウハウで

効率よく

ペース配分も教えてくれて

ラクに合格

これをさせるのが、通信講座のお仕事ですから、受験者はずいぶんと助かります。
良い通信講座のノウハウは、試験合格のノウハウも薬の解説ノウハウも、相当なもの。
試験対策に頭を悩ませなくても、講師の言う通りに勉強すればOKというわけです。

独学で自己流の勉強をして、遠回りにならないようにしてくださいね

登録販売者は、薬のプロフェッショナル。何事もはじめが肝心です。基礎の理解をしっかり固めて、ぜひ「使える」知識を手に入れましょう。

※ユーキャンの登録販売者座。詳細が気になる方は、以下の記事もご覧ください。

どうせタダとは言わせない!無料でわかる講座選び【資料がきたので公開します】
これはドラッグストア店員の「しるば」が、ユーキャン通信講座で登録販売者試験に合格するまでを書いた体験日記です。 実際に資料をみた感想は? どうせタダ。 ...
登録販売者とは
スポンサーリンク

【無料資料】楽じゃないけど、本気で合格を目指す通信講座
ユーキャン教材1

ユーキャンの通信講座では、合格までに必要な知識とノウハウを8か月で確実に身に付けられます。

受講開始から14か月までは添削指導や質問など、すべてのサービスが利用可能。本気で合格したい人はぜひ無料で資料を確認してください。

登販ラボ
タイトルとURLをコピーしました