【令和2年度・奈良①】登録販売者過去問解説【医薬品に共通する特性と基本的な知識】

過去問題・解説

この科目の目的はこれ!

医薬品の本質、効き目や安全性に影響を与える要因等について理解していること
購入者等から医薬品を使用しても症状が改善しないなどの相談があった場合には、医療機関の受診を勧奨するなど、適切な助言を行うことができること
薬害の歴史を理解し、医薬品の本質等を踏まえた適切な販売等に努めることができること

スポンサーリンク

令和2年度(2020)・奈良県【午前】

令和2年度・登録販売者試験(税込2200円)
すべての解答がわかる本はこれしか販売されてません!

それでは解説スタートです!

医薬品に共通する特性と基本的な知識(全20問)

問 1
医薬品の本質に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

a 医薬品が人体に及ぼす作用は、複雑、かつ、多岐に渡り、そのすべてが解明されている。
b 人体に対して使用されない医薬品は、人の健康に影響を与えることはない。
c 医薬品は、市販後にも、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性や安全性等の確認が行われる仕組みとなっている。
d 医薬品は、効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が適切に伝達されることを通じて、購入者が適切に使用することにより、初めてその役割を十分に発揮するもの である。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

【正解4】
a×医薬品の作用は複雑かつ多岐に渡り、そのすべてが「解明されていない」
b×人体に使用されない医薬品であっても人の健康に影響を与えることがある。
例)殺虫剤:誤って人に直接使用すると健康を害することがある。

問 2
医薬品のリスク評価に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

a 医薬品の効果とリスクは、薬物曝露時間と曝露量の積で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。
b 治療量を超えた量を単回投与した後に、毒性が発現するおそれが高くなるが、少量の投与でも長期投与されれば、慢性的な毒性が発現する場合もある。
c 動物実験で求められる50%致死量(LD50)は、薬物の有効性の指標として用いられる。
d ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準には、国際的にGood Laboratory Practice (GLP)が制定されており、これに準拠した手順で安全な治 療量を設定することが新規医薬品の開発に関連する臨床試験(治験)の目標の一つで ある。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

【正解1】
c×動物実験で求められる50%致死量(LD50)は、薬物の毒性の指標として用いられる。
d×GLP・・・薬効-薬理試験、一般薬理作用試験
ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準はGood Cllinical Practice (GCP)

問 3
健康食品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a 特定保健用食品は、「特定の保健機能の表示」、例えばキシリトールを含む食品に対して、「虫歯の原因になりにくい食品です」などの表示が許可されている。
b 機能性表示食品は、疾病に罹患していない者の疾病リスクの低減に役立つ旨を表示するものである。
c 栄養機能食品は、各種ビタミン、ミネラル等に対して「栄養機能の表示」ができる。
d 健康補助食品の中にはカプセル、錠剤等の医薬品と類似した形状で発売されているものも多く、誤った使用法により健康被害を生じた例も報告されている。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 誤 正

【正解2】
b×疾病に罹患していない者の疾病リスクの低減に役立つ旨を表示できるのは特定保健用食品である。

問 4
医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a 世界保健機関(WHO)の定義によれば、医薬品の副作用には、疾病の診断に用いられる医薬品により発現する医薬品の有害かつ意図しない反応は含まれていない。
b 医薬品の主作用以外の反応であっても、特段の不都合を生じないものであれば、通常、副作用として扱われることはないが、好ましくないもの(有害事象)については、 一般に副作用という。
c 医薬品の副作用は、容易に異変を自覚できるものばかりである。
d 一般用医薬品は、通常、重大な副作用を回避することよりも、その使用による治療効果が優先される。

a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 誤 正 誤 誤
4 正 正 誤 正
5 正 誤 正 正

【正解3】
a×意図しない反応も含まれる。
c×容易に異変を自覚できるものばかりでなく、血液や内臓機能への影響等のように、直ちに明確な自覚症状として現れないこともある。
d×重大な副作用を回避することが優先され、その兆候が現れたときには基本的に使用を中止することとされている。

問 5
アレルギー(過敏反応)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a アレルギーには遺伝的な要素があり、近い親族にアレルギー体質の人がいる場合には、注意が必要である。
b アレルギーは、人体の免疫機構とは関係なく引き起こされる反応である。
c 基本的に薬理作用がない添加物は、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン) とはならない。
d 医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している状態などの場合には、医薬品がアレルゲンになることがある。

a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 誤 正 誤
3 誤 正 誤 正
4 誤 正 正 誤
5 正 誤 誤 正

【正解5】
b×アレルギーは免疫機構が過敏に反応して起こる症状である。
c×アレルギーは一般的にあらゆる物質によって起こり得るものであり、薬理作用のない添加物もアレルゲンとなり得る。

問 6
医薬品の不適正な使用と有害事象に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a 一般用医薬品には、習慣性・依存性がある成分が含まれているものはない。
b 小児の用量が設定されていない場合、成人の用量の半分以下を服用させれば、有害事象につながる危険性はない。
c 医薬品の販売等に従事する専門家は、一般用医薬品を必要以上に大量購入しようと試みる不審な購入者であっても、購入者の希望どおりに販売する必要がある。
d 疾病の根本的な治療がなされないまま、一般用医薬品を使用して症状を一時的に緩和する対処を漫然と続けていても、有害事象を招く危険性が増すことはない。

a b c d
1 正 誤 誤 誤
2 誤 正 誤 誤
3 誤 誤 正 誤
4 誤 誤 誤 正
5 誤 誤 誤 誤

【正解5】
a×一般用医薬品にも習慣性・依存性がある成分を含有するものがある。
b×成人用の医薬品の量を減らして小児に与えるような安易な使用は避け、必ず年齢に応じた用法用量が定められているものを使用する必要がある。
c×必要以上の大量購入や頻回購入などを試みる不審な購入者等には慎重に対応する必要があり、積極的に事情を尋ねる、状況によっては販売を差し控えるなどの対応が望ましい。
d×疾病の根本的な治療がなされないまま、一般用医薬品を使用して症状を一時的に緩和する対処を漫然と続けているような場合には、いたずらに有害事象を招く危険性が増すばかりではなく、適切な治療の機会を失うことにもつながりやすい。

問 7
医薬品の相互作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬では、成分や作用が重複することが少なく、通常、これらの薬効群に属する医薬品の併用は避ける必要はない。
b 複数の疾病を有する人では、疾病ごとにそれぞれ医薬品が使用される場合が多く、 医薬品同士の相互作用に関して特に注意が必要となる。
c 副作用や相互作用のリスクを減らす観点から、緩和を図りたい症状が明確である場合には、なるべくその症状に合った成分のみが配合された医薬品が選択されることが望ましい。
d 医薬品の相互作用は、医薬品が吸収される過程で起こる場合はあるが、排泄される過程で起こることはない。

a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 誤 正

【正解3】
a×かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬では、成分や作用が重複すること多いため、通常、これらの薬効群に属する医薬品は避けることとされている。
d×排泄される過程で起こるものもある。

問 8
医薬品と食品との飲み合わせに関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選 びなさい。

a アルコールは、主として肝臓で代謝されるため、酒類(アルコール)をよく摂取する者では、その代謝機能が低下していることが多い。
b 外用薬や注射薬は、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受けることはない。
c カフェインのように、食品中に医薬品の成分と同じ物質が存在するために、それを含む医薬品と食品を一緒に服用すると過剰摂取となるものがある。
d 生薬成分が含まれた食品(ハーブ等)を合わせて摂取すると、生薬成分が配合された医薬品の効き目や副作用を増強させることがある。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

【正解4】
a×酒類(アルコール)をよく摂取する者では、その代謝機能が高まっていることが多い。
b×外用薬や注射薬であっても、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受ける可能性がある。

問 9
次の記述は、使用上の注意における年齢区分に関するものである。(  )にあてはまる字句として、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

医薬品の使用上の注意において、乳児、幼児、小児という場合には、おおよその目安として、次の年齢区分が用いられている。
乳児:( a )、幼児:( b )、小児( c )

1 a:6ヶ月未満 b:3歳未満  c:10歳未満
2 a:6ヶ月未満 b:5歳未満  c:12歳未満
3 a:6ヶ月未満 b:7歳未満 c:12歳未満
4 a:1歳未満 b:7歳未満 c:15歳未満
5 a:1歳未満 b:10歳未満  c:15歳未満

【正解4】
乳児( a:1歳未満 )、幼児( b:7歳未満 )、小児( c:15歳未満 )

問 10 小児等が医薬品を使用する場合に留意すべきことに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

a 小児は、大人と比べて身体の大きさに対して腸が長く、服用した医薬品の吸収率が相対的に高い。
b 小児は、肝臓や腎臓の機能が未発達であるため、医薬品の成分の代謝・排泄に時間がかかり、作用が強く出過ぎたり、副作用がより強く出ることがある。
c 乳児は、医薬品の影響を受けやすく、また、状態が急変しやすく、一般用医薬品の使用の適否が見極めにくいため、基本的には医師の診療を受けることが優先され、一般用医薬品による対処は最小限にとどめるのが望ましい。
d 小児は、血液脳関門が未発達であるため、吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しにくい。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 誤 正

【正解1】
d×小児は、血液脳関門が未発達であるため、吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しやすい。

※関連記事です

【2022最新】登録販売者テキストおすすめ10選!【独学受験対策】
登販の勉強をしたいけどテキストがありすぎて一体どれがいいのかわからない~ オススメの参考書を教えて! こんな質問をいただいたので、独学で学びたい人のために今回はオススメのテ...
ユーキャン申込み方法!教材はいつ届く?入力項目~到着まで【リアルレポート】
このページを見たあなたはすごくラッキー♪ 今なら5000円割引で「登録販売者講座」が学べます! 49,000が44,000で学べます。 登録販売者講座の割引は...
タイトルとURLをコピーしました