【令和2年度・首都圏④】登録販売者過去問解説【主な医薬品とその作用】

過去問題・解説
この科目の目的はこれ!

 一般用医薬品において用いられる主な有効成分に関して基本的な効能効果及びその特徴、飲み方や飲み合わせ、年齢、基礎疾患等、効き目や安全性に影響を与える要因、起こり得る副作用等につき理解し、購入者への情報提供や相談対応に活用できること
各薬効群の医薬品に関する情報提供、相談対応における実践的な知識が理解できること

スポンサーリンク

令和2年度(2020)・首都圏ブロック【午後】

令和2年度・登録販売者試験(税込2200円)
すべての解答がわかる本はこれしか販売されていません

それでは解説スタートです!

主な医薬品とその作用(全40問)

問 1
かぜ及びかぜ薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a かぜであるからといって必ずしもかぜ薬(総合感冒薬)を選択するのが最適とは限らず、発熱、咳など症状がはっきりしている場合には、効果的に症状の緩和を図るため、解熱鎮痛薬、 鎮咳去痰薬などを選択することが望ましい。
b 急激な発熱を伴う場合や、症状が4日以上続くとき、又は症状が重篤なときは、かぜではない可能性が高い。
c 香蘇散は、体力中等度又はやや虚弱で、多くは腹痛を伴い、ときに微熱・寒気・頭痛・吐きけなどのあるものの胃腸炎、かぜの中期から後期の症状に適すとされる。
d 麻黄湯は、体力充実して、かぜのひきはじめで、寒気がして発熱、頭痛があり、咳が出て身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまりに適すとされる。

・a b c d
1 誤 正 誤 誤
2 正 正 正 正
3 正 誤 正 誤
4 正 正 誤 正
5 誤 誤 正 正

【正解4】
c×記載は香蘇散ではなく、『柴胡桂枝湯』の内容。

問 2
かぜ薬の配合成分とその配合目的の組合せのうち、正しいものの組合せはどれか。

a ブロムヘキシン塩酸塩  ――――  解熱鎮痛
b ヨウ化イソプロパミド  ――――  抗コリン
c クロペラスチン塩酸塩  ――――  去痰たん
d クレマスチンフマル酸塩  ―――  抗ヒスタミン

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c)
4(b、d) 5(c、d)

【正解4】
a×
ブロムヘキシン塩酸塩の配合目的は『痰の切れを良くする(去痰)』
解熱鎮痛を配合目的とするのは「アスピリン」等。
c×クロペラスチン塩酸塩の配合目的は、『鎮咳』。
去痰を配合目的としているのは「グアイフェネシン」や「ブロムヘキシン塩酸塩」等。

問 3
解熱鎮痛薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ピリン系の解熱鎮痛成分として、アスピリンやサザピリンがある。
b アスピリンを含む一般用医薬品の解熱鎮痛薬は、インフルエンザにかかっている15歳未満の小児の解熱に対して使用が推奨されている。
c 生薬成分のジリュウは、ツヅラフジ科のオオツヅラフジの蔓性の茎及び根茎を、横切したものを基原とするもので、鎮痛、尿量増加(利尿)等の作用を期待して用いられる。
d イソプロピルアンチピリンは、解熱及び鎮痛の作用は比較的強いが、抗炎症作用は弱いため、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合される。

・a b c d
1 正 正 正 正
2 正 正 誤 誤
3 誤 正 誤 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 正 誤

【正解4】
a×ピリン系の解熱鎮痛成分として、『イソプロピルアンチピリン』がある。
アスピリンやサザピリンは「サリチル酸系」
b×アスピリンは『15歳未満の小児の解熱に対しては、いかなる場合も一般用医薬品として使用してはならない』
c×記載は「ボウイ」の内容。
ジリュウは「熱さまし」

問 4
プロスタグランジン及び解熱鎮痛薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a プロスタグランジンはホルモンに似た働きをする物質で、体の各部位で発生した痛みが脳へ伝わる際に、そのシグナルを増幅することで痛みの感覚を強めている。
b 末梢におけるプロスタグランジンの産生抑制は、循環血液量と腎血流量を増加させる。
c 解熱鎮痛薬は、頭痛の症状が現れないうちに予防的に使用することが適切である。
d 解熱鎮痛薬の坐薬とかぜ薬の内服薬の併用は、それぞれ吸収する部位が異なるため、影響し合うことはない。

・a b c d
1 正 正 正 正
2 正 誤 誤 誤
3 誤 正 誤 誤
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 正 誤

【正解2】
b×末梢におけるプロスタグランジンの産生抑制は、循環血液量を増加させる一方「腎血流量を減少」させる。
c×解熱鎮痛薬は、頭痛の症状が現れないうちに予防的に使用することは『適切ではない』。
d×解熱鎮痛薬の坐薬とかぜ薬の内服薬の併用は、それぞれ吸収する部位が異なるため、「影響し合わないとの誤った認識を持っている人がいるので、併用することがないよう注意を喚起する必要がある」

問 5
眠気を促す薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 柴胡加竜骨牡蛎湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪く、ときに熱感を伴うものの貧血、不眠症、精神不安、神経症に適すとされる。
b ジフェンヒドラミン塩酸塩は、脳内におけるヒスタミン刺激を高めて、眠気を促す。
c ブロモバレリル尿素を含有する催眠鎮静薬は、胎児に障害を引き起こさないため、妊婦の睡眠障害の緩和に適している。
d 酸棗仁湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、精神不安、不眠などがあるものの不眠症、神経症に適すとされる。

・a b c d
1 誤 誤 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 正 誤 誤 誤
4 誤 正 正 誤
5 正 正 誤 正

【正解1】
a×記載は「加味帰脾湯」の内容。
b×ジフェンヒドラミン塩酸塩は、脳内におけるヒスタミン刺激を『低下させて低下させて』、眠気を促す。
c×ブロモバレリル尿素を含有する催眠鎮静薬は、胎児に障害を「引き起こす可能性があるため、妊婦または妊娠していると思われる女性は使用を避けるべきである」

問 6
眠気防止薬の主な有効成分として配合されるカフェインに関する次の記述の正誤のうち、正しい組合せはどれか。

a 副作用として動悸が現れることがある。
b 腎臓におけるナトリウムイオンの再吸収促進作用があり、尿量の増加をもたらす。
c 脳に軽い興奮状態を引き起こし、一時的に眠気や倦怠感(だるさ)を抑える効果がある

・a b c
1 誤 誤 正
2 正 誤 正
3 正 誤 誤
4 誤 正 誤
5 正 正 正

【正解2】
b×腎臓におけるナトリウムイオンの再吸収『抑制』作用があり、尿量の増加をもたらす。

問 7
鎮暈薬(乗物酔い防止薬)の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか

a ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。
b スコポラミン臭化水素酸塩水和物は、肝臓で代謝されにくいため、抗ヒスタミン成分と比べて作用の持続時間が長い。
c ピリドキシン塩酸塩は、吐きけの防止に働くことを期待して配合されている。

・a b c
1 正 誤 正
2 誤 正 誤
3 正 正 正
4 誤 誤 正
5 正 誤 誤

【正解1】
b×スコポラミン臭化水素酸塩水和物は、肝臓で『速やかに代謝されてしまう』ため、抗ヒスタミン成分と比べて作用の持続時間が『短い』。

問 8
鎮咳去痰薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a グアイフェネシンは、気道粘膜からの粘液分泌を促進し、痰の切れを良くする。
b ジプロフィリンは、延髄の咳嗽中枢に作用して咳を抑える。
c メトキシフェナミン塩酸塩は、粘液成分の含量比を調整し痰の切れを良くする。

・a b c
1 誤 誤 正
2 正 正 正
3 正 誤 誤
4 誤 正 誤
5 正 誤 正

【正解3】
b×記載は「コデインリン酸塩」等の内容。
ジプロフィリンは気管支を拡張させる。
c×記載は「カルボシステイン」の内容。
メトキシフェナミン塩酸塩は、気管支を拡張させるアドレナリン作動成分。

問 9
鎮咳去痰薬に配合される生薬成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ナンテンジツは、メギ科のシロミナンテン(シロナンテン)又はナンテンの果実を基原とする生薬で、知覚 神経・ 末梢運動神経に作用して 咳せき止めに効果があるとされる。
b バクモンドウは、ヒメハギ科のイトヒメハギの根を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられる。
c ゴミシは、オオバコ科のオオバコの花期の全草を基原とする生薬で、 咳嗽中枢を鎮静させる作用を示す。
d セキサンは、ヒガンバナ科のヒガンバナ 鱗茎を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられる。

・a b c d
1 正 正 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 誤 正 誤
5 誤 正 誤 正

【正解2】
b×記載は「オンジ」の内容。
バクモンドウは、ユリ科のジャノヒゲの根の膨大部を基原とする生薬で、鎮咳、去痰
、滋養強壮等の作用を期待して用いられる。
c×記載は「シャゼンソウ」の内容。
ゴミシは、マツブサ科のチョウセンゴミシの果実を基原とする生薬で、鎮咳作用を期待して用いられる。

問 10
口腔咽喉薬・ うがい薬(含嗽薬)及びその 配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ラタニアは、クラメリア科のクラメリア・トリアンドラ 及び その同属植物の根を基原とする生薬で、 咽頭粘膜をひきしめる(収斂)作用により炎症の寛解を促す効果を期待して用いられる。
b 駆風解毒湯は、体力に関わらず、喉が腫れて痛む扁桃炎、 扁桃周囲炎に適すとされる。
c トラネキサム酸は、声がれ、喉の荒れ、喉の不快感、喉の痛み又は喉の腫れの症状を鎮めることを目的として用いられる。
d デカリニウム塩化物は、炎症を生じた粘膜組織の修復を促す作用を期待して配合される。

・a b c d
1 正 誤 誤 誤
2 誤 正 正 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 正 正 誤
5 正 正 誤 正

【正解4】
d×記載は「アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)」の内容。
デカリニウム塩化物は、殺菌消毒成分。

※関連記事です

ユーキャン申込み方法!教材はいつ届く?入力項目~到着まで【リアルレポート】
このページを見たあなたはすごくラッキー♪ 今なら5000円割引で「登録販売者講座」が学べます! 49,000が44,000で学べます。 登録販売者講座の割引は...
登録販売者試験に落ちた!【翌年受かる】のは意外とカンタンです
登録販売者試験に落ちた 職場に報告するのが恥ずかしい 来年の受験は諦めようかな こんな人、落ち込まなくても大丈夫です! 登録販売者試験に落ちるのは アタマが悪...
タイトルとURLをコピーしました