【令和元年・四国②】登録販売者過去問解説【主な医薬品とその作用】

過去問題・解説

問 31
腸の薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a  ヒマシ油は、小腸でリパーゼの働きによって生じる分解物が、大腸を刺激することで瀉下作用をもたらす。
b  ピコスルファートナトリウムは、胃では分解されないが、小腸に生息する腸内細菌によって分解されて、小腸への刺激作用を示す。
c  酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることで糞便中の水分量を増し、また、大腸を刺激して排便を促す。
d  マルツエキスは、瀉下薬の中でも強力な作用があるため、乳幼児には使用できない。

a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 誤 正 誤
3 誤 誤 正 誤
4 誤 誤 誤 正
5 誤 正 正 正

【正解3】
a×
ヒマシ油は、小腸でリパーゼの働きによって生じる分解物が、「小腸」を刺激することで瀉下作用をもたらす。
b×
ピコスルファートナトリウムは、胃や腸では分解されないが、「大腸」に生息する腸内細菌によって分解されて、「大腸」への刺激作用を示すようになる。
d×
マルツエキスは、瀉下薬としては比較的作用が穏やかなため、主に乳幼児の便秘に用いられる。

問 32
腸の不調を改善する目的で用いられる漢方処方製剤に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

a  桂枝加芍薬湯は、体力中等度以下で腹部膨満感のある人のしぶり腹、腹痛、下痢、便秘に適する。
b  麻子仁丸は、体力中等度以上で、下腹部痛があって、便秘しがちなものの月経不順、月経困難、月経痛、便秘、痔疾に適する。
c  大黄牡丹皮湯は、体力中等度以下で、ときに便が硬く塊状なものの便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔の緩和に適する。
d  大黄甘草湯に含まれるダイオウは、吸収された成分の一部が乳汁中に移行することが知られているため、母乳を与える女性では使用を避けるか、又は使用期間中の授乳を避けることとされている。

1(a、c) 2(a、d)
3(b、c) 4(b、d)

【正解2】
b×
記載は、大黄牡丹皮湯の内容。
c×
記載は、麻子仁丸の内容。

問 33
消化管運動と胃腸鎮痛鎮痙薬に関する次の記述について、正しいものを1つ選びなさい。

1  消化管の運動は、副交感神経系の刺激によって亢進するが、胃液分泌の亢進には働かない。
2  ブチルスコポラミン臭化物の作用は、消化管に限定されるため、他の抗コリン成分に比べ、口渇や便秘の副作用が少なく、高齢者等にも使用しやすいとされる。
3  パパベリン塩酸塩は、自律神経系を介した作用ではないが、眼圧を上昇させる作用を示すことが知られており、緑内障の診断を受けた人では、症状の悪化を招くおそれがある。
4  オキセサゼインは、消化管の粘膜及び平滑筋に対する麻酔作用による鎮痛鎮痙の効果を示すが、胃液分泌を抑える作用はない。

【正解3】
1×
消化管の運動は副交感神経系の刺激によって亢進し、また、副交感神経系は胃液分泌の亢進にも働く。
2×
ブチルスコポラミン臭化物等の抗コリン成分が副交感神経系の働きを抑える作用は消化管に限定されないため、口渇や便秘等の副作用が現れることがある。
4×
オキセサゼインは、局所麻酔作用のほか、胃液分泌を抑える作用もあるとされ、胃腸鎮痛鎮痙薬と制酸薬の両方の目的で使用される。

問 34
駆虫薬に関する次の記述について、( )に入れるべき字句の正しい組合せを下欄から選びなさい。

( a )は、蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示すとされ、水に溶けにくいため消化管からの吸収は少ないとされている。
( b )は、( c )伝達を妨げて、回虫及び蟯虫の運動筋を麻痺させる作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。

1 aパモ酸ピルビニウム bカイニン酸     cセロトニン
2 aカイニン酸     bサントニン     cセロトニン
3 aピペラジンリン酸塩 bパモ酸ピルビニウム cアセチルコリン
4 aサントニン     bピペラジンリン酸塩 cセロトニン
5 aパモ酸ピルビニウム bピペラジンリン酸塩 cアセチルコリン
【正解5】
パモ酸ピルビニウム )は、蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示すとされ、水に溶けにくいため消化管からの吸収は少ないとされている。
ピペラジンリン酸塩 )は( アセチルコリン )伝達を妨げて、回虫及び蟯虫の運動筋を麻痺させる作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。

問 35
心臓などの器官や血液に作用する薬に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

a  センソは、ヒキガエル科のシナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたものを基原とする生薬で、1日用量中センソ5mg を含有する医薬品は劇薬に指定されている。
b  ゴオウは、ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬で、強心作用のほか、末梢血管の拡張による血圧降下、興奮を鎮める等の作用がある。
c  シンジュは、ウグイスガイ科のアコヤガイ、シンジュガイ又はクロチョウガイ等の外套膜組成中に病的に形成された顆粒状物質を基原とする生薬で、鎮静作用等を期待して用いられる。
d  ジャコウは、ツツジ科のクマコケモモの葉を基原とする生薬で、強心作用のほか、呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高めたり、意識をはっきりさせる等の作用がある。

1(a、c) 2(a、d)
3(b、c) 4(b、d)

【正解3】
a×
1日用量中センソ「5mgを超えて」含有する医薬品は劇薬に指定されている。
d×
ジャコウは、シカ科のジャコウジカの雄の麝香腺分泌物を基原とする生薬。

問 36
脂質異常症に関する次の記述について、( )に入れるべき字句の正しい組合せを下欄から選びなさい。

脂質異常症は、医療機関で測定する検査値として、血液中の( a )が150mg/dL 以上、( b )が140mg/dL 以上、( c )が40mg/dL 未満のいずれかである状態をいう。

1 a中性脂肪 bHDL  cLDL
2 a中性脂肪 bLDL  cHDL
3 aHDL  b中性脂肪 cLDL
4 aLDL  bHDL  c中性脂肪
5 aLDL  b中性脂肪 cHDL

【正解2】
脂質異常症は、医療機関で測定する検査値として、血液中の( 中性脂肪 )が150mg/dL 以上、( LDL )が140mg/dL 以上、( HDL )が40mg/dL 未満のいずれかである状態をいう。

問 37
泌尿器用薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a  日本薬局方収載のカゴソウは、煎薬として残尿感、排尿に際して不快感のあるものに用いられる。
b  牛車腎気丸は、胃腸が弱く下痢しやすい人、のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人では、胃部不快感、腹痛等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
c  竜胆瀉肝湯は、体力中等度以上で、下腹部に熱感や痛みがあるものの排尿痛、残尿感、尿の濁り等に適すとされ、胃腸が弱く下痢しやすい人に対しても使用できる。
d  ウワウルシは、利尿作用はなく、経口的に摂取した後、尿中に排出される分解代謝物が抗菌作用を示し、尿路の殺菌消毒効果を期待して用いられる。

a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 正 誤 誤
3 誤 正 正 正
4 誤 誤 正 誤
5 誤 正 誤 誤

【正解2】
c×
竜胆瀉肝湯は、胃腸が弱く下痢しやすい人では、胃部不快感、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
d×
ウワウルシには、利尿作用がある。利尿作用のほかに、経口的に摂取した後、尿中に排出される分解代謝物が抗菌作用を示し、尿路の殺菌消毒効果を期待して用いられる。

問 38
痔及び痔疾用薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a  痔核は、便秘等により硬くなった糞便を排泄する際や、下痢の便に含まれる多量の水分が肛門の粘膜に浸透して炎症を起こしやすくなった状態で、勢いよく便が通過する際に粘膜が傷つけられることで生じる。
b  坐剤及び注入軟膏は、局所に適用されるものであるため、全身的な影響を考慮する必要はない。
c  クロタミトンは、比較的緩和な抗炎症作用を示す成分として、配合されている場合がある。
d  乙字湯は、体力中等度以上で大便が硬く、便秘傾向のあるものの痔核、切れ痔等に適すとされるが、体の虚弱な人や胃腸が弱く下痢しやすい人には不向きとされる。

a b c d
1 誤 誤 誤 正
2 正 正 正 誤
3 誤 正 誤 誤
4 誤 誤 正 誤
5 正 誤 誤 正

【正解1】
a×
記載は、裂肛の内容。
痔核は、肛門に存在する細かい血管群が部分的に拡張し、肛門内にいぼ状の腫れが生じたもので、一般に「いぼ痔」と呼ばれる。便秘や長時間同じ姿勢でいる等、肛門部に過度の圧迫をかけることが、痔核を生じる主な要因とされる。
b×
坐剤及び注入軟膏は、成分の一部が直腸粘膜から吸収されて循環血液中に入りやすく、全身的な影響を生じることがある。
c×
記載は、グリチルレチン酸、リゾチーム塩酸塩の内容。
クロタミトンは、熱感刺激を生じさせて痒みを抑える局所刺激成分。

問 39
婦人薬に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

a  内服で用いられる婦人薬では、通常、複数の生薬成分が配合されている場合が多く、内用痔疾用薬等の生薬成分を含有する医薬品が併用された場合、同じ生薬成分又は同種の作用を示す生薬成分が重複摂取となり、副作用が起こりやすくなるおそれがある。
b  女性ホルモン成分の長期連用により血栓症を生じるおそれがあり、また、乳癌や脳卒中などの発生確率が高まる可能性もある。
c  当帰芍薬散は、体力中等度以下でのぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘傾向のあるものの冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症、不眠症に適する。
d  人工的に合成された女性ホルモンの一種であるエチニルエストラジオールは、妊娠中の女性ホルモンの補充のために用いられる。

1(a、b) 2(a、d)
3(b、c) 4(c、d)

【正解1】
c×
記載は、加味逍遙散の内容。
当帰芍薬散は、体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り、低血圧に適すとされる。
d×
妊娠中の女性ホルモン成分の摂取によって胎児の先天性異常の発生が報告されており、妊婦又は妊娠していると思われる女性では使用を避ける必要がある。

問 40
女性に現れる症状と婦人薬に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

a  閉経の前後には、更年期と呼ばれる移行的な時期があり、体内の女性ホルモンの量が大きく変動することがある。
b  月経前症候群は、月経の約10~3日前に現れ、月経終了と共に消失する腹部膨満感、頭痛、乳房痛などの身体症状や感情の不安定、興奮、抑鬱などの精神症状を主体とする。
c  婦人薬は、月経及び月経周期に伴って起こる症状を中心として、女性に現れる特有な諸症状(血行不順、自律神経系の働きの乱れ、生理機能障害等の全身的な不快症状)の緩和と、保健を主たる目的とする医薬品である。
d  月経周期は、約21 日~40 日と幅があり、個人差があるのは、卵巣で産生される女性ホルモンのみが関与しているからである。

1(a、c) 2(a、d)
3(b、c) 4(b、d)

【正解1】
b×
月経前症候群は、月経の約10~3日前に現れ、「月経開始」と共に消失する。
d×
月経周期は、種々のホルモンの複雑な相互作用によって調節されており、視床下部や下垂体で産生されるホルモンと、卵巣で産生される女性ホルモンが関与する。
タイトルとURLをコピーしました